ベスタズスタッフィング株式会社

How to 派遣

派遣ってアルバイトと何が違うの?

アルバイト(以下バイト)と派遣のもっとも大きな違いは、「雇用形態」です。

バイトは勤務先の企業の募集に直接応募して、採用選考の末、直接雇用契約を結びます。一方、派遣スタッフは派遣会社と雇用契約を結び、就業先の企業に派遣され、派遣先から仕事内容の指示を受けます。 また、直接雇用のスタッフと違い、派遣スタッフの業務内容や勤務地などはあらかじめ契約で取り決めがされた範囲で行うことになっています。 したがって、派遣先の企業が、派遣スタッフに契約外の業務をさせることは契約違反となります。 また、現行の派遣法では職種によっては派遣期間制限を受けるお仕事もあります。一方、バイトには就業期間の制限はありません。

時給や福利厚生ってどうなるの?

アルバイトでも一定の時間以上働いている場合は勤務先の社会保険に入ることができますが、派遣スタッフは、社会保険に加えて労災保険・雇用保険にも加入することができます。 また、派遣スタッフであれば、年末調整なども派遣会社が代行してくれますが、アルバイトの場合は自分で確定申告をしなければならないケースが多いようです。 さらに、なんといってもバイトと派遣スタッフの大きな違いのひとつは時給です。 一般的に、派遣のお仕事の方が時給は高いものが多いようです。もちろんバイトもお仕事内容によっては高い時給のものもあるかと思います。

派遣社員として働くメリット

派遣で働く最大のメリットは、自分に合った仕事が選べることです。 「これまでのキャリアを伸ばしたい」「未経験の仕事にチャレンジしたい」「プライベートな時間を大切にしたい」など、派遣で働く人の要望はさまざま。 ここでは、そんな多種多様な希望を叶えられる派遣という働き方の魅力を、詳しくご紹介します。

派遣で働くメリット

あこがれの仕事にチャレンジできる

派遣は仕事の待遇や条件、お持ちのスキルだけではなく、希望の仕事に挑戦できるチャンスがあります。 たとえば、人気のあるマスコミやエンターテインメント業界での仕事は、経験があると歓迎されますが、未経験からチャレンジできる仕事もあります。

ライフスタイルに合わせて働ける

仕事帰りに趣味や習い事などが楽しめる残業がない仕事や、扶養範囲内で働ける仕事、自宅から近い勤務先など、プライベートな時間を大切にできる仕事やライフスタイルに合わせた仕事を選ぶことができます。

いろいろな企業で働ける

正社員では入社することが難しい大手や一流企業などの企業や、いままで知らなかった業界・業種の企業で働くチャンスがあります。会社の社風や雰囲気も営業担当者が把握しているので、あなたにぴったりの職場かどうかを確認することができます。

派遣にはあって、直接雇用にはないもの

直接雇用と一口でいっても、正社員、契約社員、パート、アルバイトといったさまざまな雇用形態が含まれます。 これら直接雇用の社員は、雇用主である会社と直接契約をして、その会社の一員となるので、より強くその会社に所属しているという感覚を持つことはできるかもしれません。 また、無期雇用契約や長めの雇用契約を結ぶことができれば、雇用の不安についても払拭できるというメリットはあると思います。 ただし、派遣にはあって、直接雇用にはないものがあることにも注目しなければなりません。

派遣についてのQ&A

派遣で働いていると、色々な不安や疑問が出てくると思います。 そういった派遣で働くにあたっての疑問や、トラブルの解消にご参考にしてください。

派遣についてのQ&Aはこちらから