ベスタズスタッフィング株式会社

紹介予定派遣とは 3つのメリット

面接だけでは判断しかねる適性を派遣期間中に確認ができる

面接という時間内に応募者の適性を判断することは難しいものです。 面接時点での評価と入職後の評価に相違が発生したり、逆に優秀な人材を逃したりといったことが生じます。 そこで最大6ヶ月の期間、派遣契約を締結し、その間で適性を見極めることができる紹介予定派遣が効力を発揮します。

雇用のミスマッチを防ぐことができる

適正判断と同じく、限られた時間の中で、会社の雰囲気や仕事内容の詳細まで伝えるのもなかなか難しいものです。「伝えたはず」、「聞いたはず」といった労使間での相違が発生します。 そこで双方条件を伝え、数ヶ月の就業期間を設けることで労使間のミスマッチが軽減される紹介予定派遣をお勧め致します。

採用にかかる費用や面接工数の削減により効率化が図れます

採用したい人材がなかなか採用できないことは様々なお客様がお悩みになられています。 「会社の良さ」は簡単な求人広告だけでは語りきれないもの。 そこで、実際に社内で働き、社風や会社の良さを知り、実感ができる紹介予定派遣を利用して、優秀な人材を貴社の魅了させる採用方法はいかがでしょうか。 人材確保の為にたくさんの広告掲載と面接を削減し採用の効率化が実現できます。

「一度お試しで働いてもらうことで、その人が本当に企業に合った人材かどうかをみることができる」という最大のメリットがあります。

企業の問題点として、「入社してもらったのはいいものの、会社にあわずにすぐやめる人材も多い」ということがあります。

こうしてすぐにやめられてしまうと、その人にかけた人件費が無駄になってしまうでしょう。 でも紹介予定派遣ならそのようなデメリットがありませんので、企業側にとっても「良い人材を選ぶことができる」というメリットがあります。